朝の短文🍁(オシレーター系が有効な時間🕛)

考え方

LINEのお友だち限定で、私の手法をまとめた初心者でも簡単に出来るレポートやトレードポイントをリアルタイムで配信させていただきます( ^ω^ )
トレードのポイントも配信中です❤︎

モチベーションアップになるのでこちらもポチッと応援よろしくお願いします🥺
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

 

 

 

 

皆さんおはようございます☀️

 

朝の短文を更新していきます🍁

 

 

今日は『オシレーター系が有効な時間🕛』について触れていこうと思います。

 

オシレーターとは、日本語では「振り子」という意味です。

 

振り子のように、買われすぎ、売られすぎを表しているものです。

 

ただこのオシレーター系というのは有効な時間と有効でない時間があります。

 

有効でない時間は強い動きになり、トレンドが発生している時間帯です!

 

この時間帯はオシレーター系だけでなく多くのテクニカル分析が無効化されちゃいます😅

 

 

そして、有効な時間というのはレンジになっている、いわゆる揉み合い相場というやつですね。

 

この時が1番オシレーター系が輝きます✨

 

今は、レンジだなーーーと思ったらオシレーター系の分析手法で

 

買われすぎ、売られすぎを判断してトレードしていきましょう!!!

 

 

ただレンジというのはいつまでも続くものではありません。

 

このレンジが終わるとしたらいつ終わるのかなーといことを考えてみてください。

 

そしてここらへんで一旦レンジ終わっちゃうかもというポイントが近い場合は

 

オシレーター系のテクニカルを使ったトレードは控えるようにしましょう!

 

 

では、どんなタイミングでレンジが終わるかと言いますと

 

ファンダメンタル的な要因で相場が動く時です。

 

なので、経済指標の発表がある時は一旦このテクニカルは使わないことをオススメします。

 

 

 

それでは今日も良い1日になりますように💕

 

 

 

 

LINEのお友だち限定で、私の手法をまとめた初心者でも簡単に出来るレポートやトレードポイントをリアルタイムで配信させていただきます( ^ω^ )
トレードのポイントも配信中です❤︎

モチベーションアップになるのでこちらもポチッと応援よろしくお願いします🥺
↓ ↓ ↓ ↓ ↓


人気ブログランキング

コメント

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました